バーングラウンドver1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS 汝の喜びの涙を大地にふり注ぎ、汝のその涙を愛せよ…

<<   作成日時 : 2009/10/14 01:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

京田監督が新作を準備中らしいです。
楽しみですね。また劇場映画かな。


ハガレンの新OP見ました。
なぜスキマっていうね。見事に合ってないと思う(笑)


オバマがノーベル平和賞でした。
「受賞によってオバマ氏は達成不可能な課題の実現を迫られる」(by某紙)
一報を聞いたとき、同じ事を思いました。
選考した人たちは、どれだけブッシュが嫌いなんだ(笑)
ニューヨークタイムズは相変わらずオバマ支持でした。
生きてる間は無理な意気込みを言って賛辞がもらえるなら、鳩山首相も国連で25%といわず50なんて数字を出しても良かったんじゃ(出来ないかもしれないどの注釈付で^^;)、と某氏が仰ってました。もちろん冗談で(笑)


今日、阪急梅田のマクド前で、コーヒーが無料の時間らしく、コーヒーの着ぐるみを着て(顔と手足だけが出るような感じのやつ)叫んでる店員さんがいたのですが、それを写メる若者たち。人間って下だらねぇと思いました(笑)


最近、「カラマーゾフの兄弟」を再び読んでます。
ドストエフスキーって危険な小説だと思う。初めて読んだのは3年前くらいか。間違いなく今の自分に影響を与えてるんだけど、とてもその影響を受けた自分が良くなってるとは思えない。
なんだかいろいろ考えてしまいますね。
SHELLACのジャケットがカッコイイなと思ったら21万。うげ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
「あってない」が反復している。1つ、構想はあるが、まだ準備できていないので京田監督の新作は「あって、ない」。2つ、ハガレンのOPの音楽とアニメは「あってない」。3つ、オバマにノーベル平和賞は「あってない」。4つ、マクドナルドの宣伝をする若者の情熱を帯びた眼差しと写メを撮る若者達の冷めた視線とは「あってない」。5つ、ドストエフスキーと自分とは「あってない」。6つ、SHELLACのジャケットは値段に少し「あってない」。

1つ目の「あって、ない」は肯定的な評価『楽しみですね』に接続するが、それ以降は全て「あってない」であり、『見事に合ってないと思う(笑)』『達成不可能』『人間って下だらねぇ』『良くなってるとは思えない』『うげ』などといった言葉にうかがえるように、否定的な評価に接続している。

「あってない」というのは「AとBは関係するがこの関係について考えると辛くなる」という事を意味する。他方で「あって、ない」というのは「AとBは関係するがこの関係について考えると辛くなる。確かに辛い、けれど、この辛さの中でも喜びを感じる」という事を意味する。
A
2009/10/14 21:56
降り注ぐ雨の境界線を誰もが一度は思い描くけれど、そんな境界線など実際には存在しない。何故なら雲は雨を降らしながらも絶えず動いているからだ。その雲と同じように、我々も絶えず動き回っている。辛い思いが抑えきれない時には涙を大地に降り注ぐ事もある。泣きはらした雲は風に吹かれて流れ流れ流れ砂漠の辺りで霧消する、が、またどこかの街の上に黒灰色の雨雲となって現れると、これでもかとばかりに激しい雨を降り注ぐ。そしてまた流れ流れ流れ、喜びも知らぬ間に乾いた空に溶け込んで遂にはなくなってしまう。

ありありてあるものの中で歓喜の雨に泣きぬれたものだけを愛するなど料簡の狭い話ではないだろうか。大地に生えるものは、激しく打ちつける雨も長すぎる雨も好まない。大地に生えるものは、気まぐれな雲を愛し愛し愛したところでいつかは完全な愛を諦めざるを得ない事を知っている。それでも彼らは雨を受けなければ死んでしまうのだ。だから彼らは雨を望むのだが、雲の方は一体どうやって、どんな風に雨を降り注げばいいのかなど決して知りはしない……
A
2009/10/14 21:57
ところで、雨は本当に降るものなのだろうか?雲からすれば昇るものなのかもしれないではないか。あるいはひょっとすると、雨は降りたり昇ったりするようなものではないのかもしれない。一瞬、「雲の気まぐれ」の方に注意を促されそうになった。しかし、本当は「雲の気まぐれ」など些細な問題だったのではないか?つまり、大地と雲とを引き離しながら繋ぐものこそ雨なのではないか?

初めに「あって、ない」と言った。「あって」と「ない」の間にある「、」は降り始めた雨のようなものだ。それはやがて「あって―ない」に変わるだろう。いつ止むのかは誰も知らない。長すぎる雨は「あってない」を錯覚させるかもしれない。しかしいつか雨脚は途切れ始め「あって……ない」となり、遂には雨は上がり、大地に水溜りを残しながら、雨を降らした雲はどこか彼方で「なくなる」時を目指し流れ流れ流れていくだろう。

A
2009/10/14 21:57
そして虹ですか。
しゃれた絵文字の使い方をしますね(笑)

ただ自身では、3と5に関してはあってると思ってます。ホントかドストエフスキー!?

繋ぐものというのはいいですよね。
なるほど、昨日の雨も大地と雲を繋いでいたのか…
大学の校舎を出た瞬間に雷とともに降り始めてえらい目にあいました(笑)
豪雨に雷だとさしずめ「あって+ない」といった感じですかね。ごめんなさい、上手く話がつながらないやww
アーク
2009/10/15 18:58
いや、話は上手く繋がっていると思う。3と5は君が言うならそうなんだろう。豪雨に雷というのは確かに「あって+ない」あるいは「あって×ない」といったところだろうね……なんちゃって(笑)

A
2009/10/15 22:26
「あって÷ない」


・・・











えっ
アーク
2009/10/15 23:52
♀⊥♂

えっ

A
2009/10/16 10:35
あれ?スキマってオーガスタじゃなかったっけ?いつからソニー系列に・・・
ミックスレンテンマルク
2009/10/16 22:52
なるほど、そういういざこざで大橋さんがソロでやってたりしたんですかね(笑)
アーク
2009/10/17 01:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
汝の喜びの涙を大地にふり注ぎ、汝のその涙を愛せよ… バーングラウンドver1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる