バーングラウンドver1.5

アクセスカウンタ

zoom RSS 哀しみはきっと

<<   作成日時 : 2009/10/04 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

忙しい。
内定先への、部署や職種の希望の資料を書かなくちゃいけないけど、バイトが連続して…
録画してた、とんねるずの番組も見たいのに。細かくて伝わらないモノマネ。


「そうね 明けない夜がないなら 闇は優しいものね」

「ずっと消えない光はなくて いつか痛みに変わる」

(Elysium/GARNET CROWより words by AZUKI七)

GARNET CROWの今回のアルバム聴きこむほどに良すぎる。
AZUKI七節満載。

上の歌詞のところは、GARNETで一番好きな曲「君 連れ去るときの訪れを」の1番好きな歌詞の

「どんな出会いも別れがあるから 
心の奥で 幸福(しあわせ)畏れた」

「手を繋いだら二度と離れない そんな出会いがいい
願ってしまうよ」

を思い出した。
遷ろいゆくものの儚さを歌わせたら1番のアーティストですな。


アルバム一曲目のタイトルが「Hello sadness」とか堪らん。




東京では上野にも行ってみました。
上野といえば、美術館博物館。
というわけで上野の森美術館へ。



もやしもん展が今もやってたら…
そう思いました。

「聖地チベット−ポタラ宮と天空の至宝」

見応えはありましたが、無理して文化人ぶるのも問題ですね(笑)
エウレカのヴォダラ宮ってポタラ宮からきてるのかな。
そんなことを考えながら見てましたが、全然分かりませんでした。





そういや今日ザムド最終回だ。
あんだけ顔アップがキモいボスキャラも珍しいですね。




前の探偵ナイトスクープ(関西ローカル)で、家族からもらった辞書の「よがる」のとこに線を引いたのは身内の中の誰だ!?という話があってかなりツボでした。




絶望先生の最終回のネタが…

・気づかれなかった大きな間違い展で麻○首相の絵

・劇場版ティエリア



自分より下を見て安心するということで

・イガラシ君は丸井を見て安心する

・ザクはボールを見て安心する


知らなかったらなんのこっちゃですよね。
国民全員公務員は間違いだと時代が証明してます。


ってブログを書いてる場合じゃないや。。。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
小学生の頃、新明解国語辞典で性的なニュアンスを持った言葉を色々と調べてみた事があるんだけど、それを当時親友だったS君に告白したところ「クラスに一人はそんな奴いるよね」と軽くあしらわれてしまったのを憶えているよ。今思えば、彼は小学生にしては大人びた少年だったな。四年生の時、放課後遊んでいる最中に、突然彼は「学年が上がってクラスが変われば遊ぶ友達も変わるけど誰もそんな事は気にしないよな」と言ったけど確かに、当時の僕には寂しいという意識すらなかった……ただ、彼の問いを思い返しながらいま疑問に思うのは、人に会えない寂しさが恋歌に繋がる事が多いのはどうしてなんだろうということ。果たして、恋愛=性的なものには出会いの約束と結び付く何かがあるという事なんだろうか?『プラネテス』の主題はこの問に大きく関わると僕は思うのだけれど、また『ヴィンランド・サガ』も第二部は奴隷の一目惚れから幕を開けるのだけれど、君はどう思う?

2009/10/05 00:40
たぶんそれはクラスに1人の程度ではないと思います(笑)
最近だったら小中学校でも電子辞書なんですかね。検索履歴を見られるのは絶対嫌なはず(笑)

そしてごめんなさい。
何回も読み返してみたけど、質問の内容がいまいち理解できなくて困ってます^^;汗
なんというか、でっかい物の見方を覚えたハチマキがもう一度タナベに会うことで目覚めることが出来たのと、、奴隷の一目惚れはきっかけとしては似てるのではないかと思います。違うか。。笑
アーク
2009/10/08 01:20
僕の思い出から君への質問に言が移行する時、飛躍が生じているから理解しづらいのかな(笑)それはともかく、単に「きっかけが似ている」という事はないはず。それは君が気付いている通りだね。だってあの奴隷が「でかい物の見方」を知っているとは思えないもの。それはあのトルフィンにしても、現時点では同じ事だろう。では「でかい物の見方」から離れて、ハチマキ、あるいは奴隷の「目覚め」という事に着目すれば新たに何か言い得るだろうか?この質問は、こんな風に言い換えればその意味が更に明確になるだろう。つまり、われわれの孤独を癒す「出会い」は必ずしも男女の出会いとは限らないけれど、男女の出会いにはわれわれの孤独を癒す以上の(あるいはそれとは別の)特別な意味が何かあるのだろうか?もっと言えば、男性にとっての「たったもひとつのたましひ」は普通想定されるように女性のものでなければならないのだろうか?もしそうだとするなら、そう主張する根拠はあるのか?ないとしても「恋愛」を、幸村さんが物語の転換点で描いたのは何故なのか……?

さすがに質問攻めで鬱陶しいな(笑)そういえば、君も忙しいのだろうけど、最近は僕も「友達百人計画」の実現に向けて忙しくしているよ。計算上、一週間に一人のペースで友達を作らないと駄目みたいなんだ。何かきっかけがあればいいんだけど……なかなか難しいもんだね。
A
2009/10/08 23:48
「春と修羅」ですかー。
プラネテスに影響されて読んでみたんですが、1度途中で挫折しちゃったんですよね。
なるほど、確かにハチマキとタナベの「愛」を3巻で1度完結させた後での、グスコーブドリの話はなんだか怖い。初見の時も思いましたが、3巻までは読み終えてあー良かったなとカタルシスがあるのに、4巻は怖い。話ずれてますね(笑)
質問の答えは保留しておきます。またいつかに(オイ

>「友達百人計画」
どこの男爵ですか??笑
胸に触るのが一番いいと思います。
そういや男爵のメモの
「いきなり胸部に触れてはいけない」
も、胸部=心の事も暗に示していると思うとなかなか意味深ですね。
アーク
2009/10/09 01:01

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
哀しみはきっと バーングラウンドver1.5/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる